英会話の正しい勉強法できてる?- 間違った英語の勉強では話せない

シェア

スポンサーリンク

こんにちは、心理学者の卵ぱんなです。

「英語全然喋れるようにならない!」

「結局留学しないと喋れるようにならないんでしょ?」

そう諦めてしまってませんか?

確かに、

英語を使わざる得ない環境「留学」することは、英語上達のための近道です。

でも留学でも、日本で勉強するにも間違った勉強法では英語は話せるようにならない!

自分の友達の中でも、留学したけど英語が上達しなかった人はたくさんいます。

今回は英会話の「間違った勉強法」・「正しい勉強法」を紹介します!

色々英語の勉強には試行錯誤してきたので、勉強法には自信があります!!

英語を話せるようになるための、正しい勉強法を学びましょう!

◯ 間違った勉強法

単語を覚えているだけ

単語をただ暗記しているだけで、その使い方を理解していないと全く意味がありません。

その単語がどんな文章で、どう使用されるか理解していないで

ただ闇雲に英単語を覚えてるだけでは、いざ自分が英語を話すときにどう使うか謎ですよね!

なので文章の中でどうやって使われるのかを、1つ1つ感覚で覚えることが大切になります。

例えば、

Actually” と“Really” を辞書で検索すると、「本当に」と同じような意味で出てきます!

でもこの2つの単語は、使い方は全く違います。

Actually

「周りの人は事実だと思っていることを、否定するとき」

「ある出来事が存在したり起こったという事実を強調」

のような意味合いがあります。

Really

「もう否定しようのない事実を強調」

「英語で言うveryのような”とても”のような使い方」

をします。

つまり、

ただ辞書や単語帳の意味を覚えただけでは、全く使い物にならないわけです。

文章でどう使われるかが分かって初めて、その単語を理解したことになります。

英語を聞くだけのリスニング

英語を聞くことはとても大切ですが、

聞いてるだけで英語を習得できるのは、幼少期までです。

心理学的には、

12歳までに新しい言語に触れていないと

ネイティブレベルになることは難しいと言われています。

つまり聞くだけで、英語が上達するのは12歳前までなのです。

もしただ聞くだけの勉強をしているなら、時間を無駄にしてしまっています。

インプットのみの勉強

「単語を覚える・文章を読む・英語を聞くトレーニング」

この3つは日本の英語教育の軸であり、

高校・大学受験などでも英語力を測る3本柱になってます。

もし英語を読むことだけが、「英語を学んでる理由」だったらこれでオッケーだと思います。

でもこの記事を読んでいる方は、

「実際に外国人とコミュニケーションを取る」

だと思います。

その「話す・書く英語力」というアウトプットのトレーニングをする必要があります。

◯ 正しい英語の勉強法は?

イメージで単語を覚えよう

英語を一瞬で理解するために大切なことは、

【英語を聞くその内容が動画となって頭に浮かぶ】

と言うトレーニングをする必要があります。

・なるべくたくさんの英語の本/文章を読む

・写真/イラストと一緒に英語を覚える

・ある程度英語力が上がったら、英語で単語の意味を調べる

この3つが単語をイメージで覚えるための勉強法です。

詳しく解説します!

英語の本・文章をたくさん読む

今まで覚えた単語のネイティブの使い方が分かるようになります。

しかも文章の内容と結びつけて単語を覚えることで、単語の吸収力が飛躍的に上がります!

写真/イラストで暗記

これは自分が覚えにくい単語のみで取り入れます。

視覚情報と一緒に覚えることで、単語を見たとき・聞いたときにイメージで頭に出てきます。

英語で単語を調べる

日本語の辞書で英単語を調べると、

大雑把な意味・実際の意味のニュアンスとは異なる意味がとても多いです。

英語のレベルがある程度上がると、むしろ英語で調べた方が意味が分かるようになります!

騙されたと思ってやって見てください!!

発音を矯正しよう

【発音できない単語 = 聞こえない単語】

英語でリスニング力を鍛えるために、英語をひたすら聞けばいいと思っている人が多いです。

英語が聞けない日本人の多くは、

・”R” と “L”

・”S” と “Th”

・”G” と “Z”

の発音をできないことが原因です。

まずは「ABCZ」の発音から矯正してください!

できればネイティブの友達に確認してもらい、直してもらいましょう!

英語を日常的に使おう

英語圏の国にいなくても、英語を日常的に使うことは可能です。

僕は新しい言語を学ぶときは下の3つをしています。

・今の自分の気持ちを頭の中で英語で考える

・身の回りの物を英語に訳してみる

・独り言を英語で言い続ける

こうすることで、英語で言えないことが何なのか自分で分かります。

「そう言えばこれって英語でなんて言うんだっけ?」と、

言えそうだけど実は言えない、という意外な発見がたくさんあります。

英語で物事が考えられるようになって来ると、英語の夢も見始めたりします。

そこまでくれば、英語脳が出来上がってきていますよ!!

◯ 正しい勉強法のための教材

単語帳

以前のTOEICの勉強法の中でオススメの単語帳を紹介しています。

オススメの理由も書いてあるので、チェックして見てください!

こんにちは、心理学者の卵ぱんなです。 「TOEICで900点以上なんて不可能だー」 そんな風に思い込んで諦めてし...

海外ドラマ「フレンズ」

海外ドラマのフレンズは、日常的に使われる英語を学べます。

しかもコメディーで、内容もめちゃめちゃ面白い!

「普通に勉強するんじゃなくて、楽しみながら学びたい!」

そんな人はフレンズをおすすめします!

しかも、

スラングやちょっとエッチなスラングも学べるので面白いですよ!!笑

ハロートーク(Hello Talk)

日本にいながら英語ネイティブの友達を作ることができるアプリ、【ハロートーク】です!

iPhone・スマートフォン・タブレットを持っている人は、誰でも使える無料アプリです!

これ外国語を学ぶ人は絶対インストールするべき!

僕も言語を学ぶ上で愛用しているアプリです。

と言うのも、

相手のネイティブは日本語を学んでいる人なので、

Win-Winな関係で教え合えるというシステムです。

しかもSNSみたいにタイムラインがあり、

英語で投稿の文法や言い回しが変だったら、日本語を学ぶネイティブが直してくれます。

個人的なメッセージ機能もあるので、

上手くいけば連絡を長期的に取り合う友だちを作るのも夢じゃないです!

HelloTalk ハロー トーク言語交換 学習 – HELLOTALK FOREIGN LANGUAGE EXCHANGE LEARNING TALK CHAT APP

◯ まとめ

英語を話せるようになるためには、

・リーディング

・リスニング

・スピーキング

・ライティング

・英語で考える能力

が必要だと言うことです!

どの要素も英語でコミュニケーションを取る上で、欠かせないものになります。

結局は逃げることはできないんですね。

英語は一回聞けるようになると、聞こえなかったのが嘘みたいに理解できるようになります!

そこまでは地道な努力になりますが、

諦めずに上で紹介した方法を試して見てください!!

ではではっ

スポンサーリンク
ブログランキング
ブログランキング参加中!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

心理学ランキング

シェア

フォローする