ドイツでの節約なら1ユーロショップ – ベルリンの100円ショップ

シェア

スポンサーリンク

こんにちは、ぱんなです。

ドイツで日用品を買いたいけど、なるべく節約したい。

そう思って安いお店を探していると、

100円ショップならぬ1ユーロショップを発見しました!

日本の100円ショップのように

日用品をかなり安価な価格で購入できたので、

・新しくベルリンの地で生活を始める人

・旅行中だけど忘れ物をしてしまった人

などにとっても便利だと思います!

今回はアレクサンダープラッツ(Alexanderplatz)の

1ユーロショップの行き方・どんなものが売ってるのか

を紹介していきます!

◯ Alexanderplatz駅からの行き方

それでは、

Schum Euroshopこと、1ユーロショップの生き方を紹介します。

アレキサンダープラッツ駅を出ると、

↓のような大きな映画館があります!

かなり大きく映画館って感じのビルなので、

すぐに見つけられると思います。

この映画館の横に行くと、

下のような入口が見えてきます。

「RATHOUS PASSAGEN」と書いてある建物の、

下の入口から中に入って見てください。

そうするとこんなところに入っていきます。

エスカレーターとそのまま真っ直ぐいく2つの道が現れます。

ここで上には上がらずに、そのまま直進してください。

「 Schafer`s」というオープンカフェが

右手に見えるのでその突き当たりを右に曲がりましょう。

その右手を真っ直ぐ行くと、

↑のような場所にたどり着きます。

黄色い看板が目印の「Netto」という

ディスカウントスーパーマーケットがあるので、

その横にあります!

◯ 100ユーロショップでは何が売ってるの?

1ユーロショップには本当に様々な物が売っています。

日本の100円ショップほどの品揃えはありませんが、

ほとんどの物はここで済んでしまうと思います。

例えば、

僕はベルリンに来てから

・食器類

・キッチン用品

などの生活必需品が何もありませんでした。

色々なお店を見て回りましたが、値段が高い。。。

しかし1ユーロショップなら、

こんなにも豊富な種類の食器を1ユーロで買えます。

スプーン・フォーク・ナイフだけじゃなくて、

料理する時にあると良いなというものが

リーゾナブルな値段で購入できるのが嬉しいですね!

こちらはお皿や、ちょっとしたインテリアも売っていました。

これだけではなく、

もちろん文房具やお菓子も種類豊富に揃っています。

蛍光ペンやノートとかも揃っていますね!

個人的にはコンパス売ってることに驚き!!

そんなに用途がないのに、ドイツではちゃんと売ってるんだ、と。

お菓子に関しては色々うってるんですが、

普通にスーパーで買った方がやっぱりどれも安いと思います。

特にドイツ名物のハリボーは、

ここで購入できますがスーパーだと半額とかで売ってます!

また女性には嬉しい、

化粧品や髪の毛を束ねるちょっとしたものも

こんなに品揃え良く揃えてくれています。

それ以外にも、

プレゼントを送る時の包装用品も!

海外ではプレゼントを自分で包んであげることが多いので、

この豊富さも頷けます。

そして最後に紹介したいのは、

個人的に一番びっくりしたCDやDVDです。

見たことも聞いたこともないようなCDやDVDが

たくさん売っていました!笑

どうやらあまり売れてはいない模様。

かなり埃が被ってました。

◯ 注意点

ここで1ユーロショップでの注意点を何個か紹介します。

カードは拒否される可能性大

僕は普段は現金で払わないで

デビットカードを使いがちなのですが、

見事に拒否されました。

使えるはずなんですけどね。。笑

現金を持ってから1ユーロショップには行った方が

いいかもしれません!

不良品が多い

商品をきちんとチェックしてから買わないと、

泣くことになります。

というのも、

食器などでは欠けてしまっているものが多いです。

またすごく汚れてしまっているものも。

しっかりと買う前に品質は大丈夫なのかを

確認して買うおようにしましょう。

そうすればリーゾナブルな買い物がベルリンでできると思います。

◯ まとめ

いかがだったでしょうか?

ベルリンにもワンコインで

全て買い物ができるお店があるのはとてもありがたいですね!

もちろん日本の100円ショップほど品質はよくないですが、

十分と言っていいほどのクオリティです。

もし何か安価で欲しいものがあったらぜひ行ってみてください!

ではではっ

スポンサーリンク
ブログランキング
ブログランキング参加中!
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

心理学ランキング

シェア

フォローする